美容や健康に効果的と話題のプラセンタサプリ

プラセンタサプリで美容や健康に必要な成分を補いましょう!プラセンタサプリは、美白効果や美容効果に優れているため、エイジングケアをしたい人に大変人気があります。

*

アンチエイジング効果で人気のプラセンタ!医薬品と市販の違いは?

   

医薬品のプラセンタと市販のプラセンタサプリの違い

アンチエイジング作用が望めるなど、大変人気のプラセンタですが、医薬品販売されている場合、サプリメント販売されている場合、大きく2種類の販売形式の商品があります。

一見すると医薬品のプラセンタの方が効果が高いように感じるかもしれませんが、そうとは限りません。使われているプラセンタの成分が全く同じ場合もあり、そうなれば当然その作用も同じようものになります。

そもそも医薬品として認可を受けるというのは非常にコストがかかるものです。様々な臨床実験など高いハードルを越えなければ、認可は受けられない。そのためメーカー側がコストがかかるのを嫌い、申請すれば通るような確かな効果がある製品を、あえて申請せずに販売していることもあります。

このような医薬品と同等の力をもったサプリメントも中にはあるのです。このような製品は、申請コストがかからない分、価格は安いものにできる反面、医薬品ではないので大々的な宣伝ができないというデメリットもあります。

プラセンタサプリメントの安全性は?

プラセンタサプリメントすべてが医薬品のものと同等の効果があるわけではありません。中にはほとんど効果がない、粗悪な製品もあります。医薬品のプラセンタであれば厚生労働省の薬事法による検査を受け認定されたものですので、一定以上の効果はしっかりと確認され信頼性は高いといえます。

医薬品の審査では様々な検査が行なわれます。品質・製造管理の基準に従い一定品質の製品が製造されているかが調査され、また成分分析法もきちんと示され上で含まれる成分量も明確にされます。

一方サプリメントでは、表示された成分・原料が表示通りに含まれているかは定かではなく、なかにはほとんど含まれていないような場合もあります。また医薬品では安全性や有効性の試験もあり、実際の病人による臨床実験も行なわれ薬の効果はきちんと確認されます。

サプリメントではこのような試験・実験は行われない、もしくは行われても自社や、信頼性が不明な第三者機関が行っているなど、十分な安全性があるとはいえません。すべてのサプリメントに安全性がないわけではありませんが、医薬品と比較してもその効果は不透明な場合が多いため、妄信はし過ぎないようにしましょう。